2017年11月23日木曜日

ヨーロッパの古もの市 1日目ありがとうございました


お天気に恵まれ、外で開催することが
できました。
夕方はさむくなり風が強かったです。
富士山とその前の山々が
とてもきれいに見えました。


遊びに来てくださいましたみなさま
ありがとうございました。

3日間一緒にいてくださる北北西さんは
スウェーデン、エストニア、ベルギー
リトアニアなどののみの市や
アンティークショップを巡って
集めてきたものを
並べて下さいました。
ひとつひとつ大切にされていて
丁寧に説明をして下さいます。
Majaさんの商品についても
お客様に説明をして下さいました。
明日明後日もお話を聞いてみて下さいね。


追加で本なども沢山
並べてくださいました。
見たことのない興味深い
本たち。


エストニアの古い手芸冊子は今見ても
かっこよくておしゃれ。
洋裁、編み物、刺繍。
お好きな方は参考になると思います。
見ているだけでもたのしい。


Majaさんの品々も一つ一つ味のある
愛おしいものばかり。

面白いもの掘り出し物
みつけに来てくださいね。

明日明後日も10:00から16:00まで
開催しています。

竜王駅から、駅の方からと
歩いてきてくださった方々も
いらっしゃいました。
三角駐車場も皆さま
上手に停めて下さいました。
感謝いたします。

駐車場については
こちらを見てください。

よろしくお願いいたします。







2017年11月21日火曜日

ヨーロッパの古もの市 駐車場について


23日木曜日ー25日土曜日の
開催いたします。
晴れていたら庭で広げたいです。
そうなると
駐車スペースは2台分あります。


その他お店に入る道を
少し下がったところに
三角の空き地があります。
そちらを貸していただいています。


三角の中のお家側を2台分空けて
停めて下さい。


竜王駅から徒歩15分。
お天気の日はお散歩がてら
遊びに来てください。










2017年11月14日火曜日

ヨーロッパの古もの市


11月23日(木)24日(金)25日(土)
10:00-16:00
晴れていたら庭先で
雨ならばお店で
ヨーロッパの古もの市を
開催いたします。
大泉のお店でも
のみの市を何度かさせていただき
その度に違い形で楽しかったです。

今回は9月にラトビアに行ったときに
見つけた古い小物や
持ち帰った、ソビエト時代の生地
手芸紙、セカンドハンドのリネンレースなど
少しづつですが並べます。

その他北北西さん、Māja(マーヤ)さんにも
ご参加いただき
ヨーロッパで使われていて
それぞれが持ち帰ったものを
並べていただきます。
とても楽しみ。
25日日曜日のみ
Mājaさんが故郷ラトビアの焼き菓子を
焼いて来てくださいます。
23日25日はいつもお世話になっている
BUNANOKI珈琲さんのtapiiriブレンドを
淹れさせていただきます。
豆売りもあり。

また詳細をお知らせ致します。





ラトビア旅 友人ヨランタと共に③ 陶芸体験


友人ヨランタの自宅から車で15分ほどの
ところにある宿兼アトリエで
陶芸体験を企画してくれました。


講師は絵描きで陶芸作家のマチルダさん。
土と火だけで作られる
ブラックセラミックに魅せられて
形成から薪釜で焼くところまで
全て自らこなします。




一日目は形成まで。
小さなお椀でも・・・と
思っていたら、
蓋つきのシュガーポットの
作り方を教えて下しました。


私はここに来る前に立ち寄った
ヤニーナさんのお庭をイメージして、
ミツバチとクランベリーで
飾りました。

2日目には磨く作業をお庭で。
天気が良くてぽかぽか。
気持ちの良い日でした。
石やスプーンなどで
土で形成したものを磨くと
ピカピカに。
このやり方は初めてで
面白かったです。



薪釜を焚くのは年に3回ほど。
800点位作品が集まったらとのこと。
私たちの作品は
来年焼いてくださるそうです。
おたのしみです。



マチルダさんの作品も
少しお店に並んでいます。
土と火だけでできた
素朴で力強い作品です。
見に来てください。









2017年11月7日火曜日

明日からopen


明日から再びささやかに
はじめます。

刺繍のお仕事
yanayanちゃんの
新しいワッペンです。



今までの丸形とは違い
今回は四角。
好きな形、大きさに切って使えます。
お願いして作ってもらった台紙は
一枚一枚違う絵が描かれています。
刺繍と一緒にお楽しみください。

おいしいものも少し並びます。


しまこぴさんのジャム。
天高く・りんごとさつまいも
ぽくぽく・さつまいもキャラメル
酵母ケーキ・ミックススパイス


People Treeさんのチョコレート

寒くなるとおいしくなるもの。

その他、ラトビア旅で出会ったもの。
ラオスのやさしいコットンの洋服、
新色タオル類。
クリスマスのオーナメント。
など並んでいます。
プレオープン時よりも
賑やかな店内でお待ちしています。









2017年10月31日火曜日

ワークショップ 追記


ワークショップが
わかりづらくて申し訳ありません。

11月はイベントの日を除いて
15水16木17金18土
22水29水30木
10:00-12:00
かぎ針編みのくつ下を編む会に
したいと思います。
1回では編みあがらないと
思いますので、
2、3回お時間を
いただけたらと思います。
11月で仕上がらなくても
12月も23日土曜日まで
水木金土
10:00-12:00で
開催を予定しています。

わからないことは
メールでお尋ねください。
よろしくお願いいたします。
tapiirimail@gmail.com


2017年10月29日日曜日

ワークショップ始まります


念願だったワークショップを始めます。

何かを習う会というよりも、
手を動かし何かを作る時間を一緒に
楽しむ会にしたいです。​​
​参加してくださる方々と一緒に
どんな会になってゆくか楽しみです。
水・木・金・土 10:00-12:00

まずは、ぎ針編みくつ下a
から始めてみたいと思います。

自分の足に合わせながら、
誰かを想いながら
かぎ針編みでくつ下を編みます。
くつ下を編む喜びと
驚きのあたたかさを
一緒に楽しみたいです。
糸はお持ちの糸でも良いですし、
ラトビアのwool100%毛糸の
ご用意もあります。
色はその都度在庫が異なりますので
お尋ねください。
かぎ針もお持ちではない方は
事前にご相談下さい。
少し厚めですので
サボに合わせたり家の中で履くのに
丁度よいくつ下になると思います。
かぎ針編み初心者の方でも
時間を掛ければ編めると思います。

参加費は800円(お茶つき)
1日5名まで。
11月15日(水)16日(木)17日(金)18(土)の
ご予約をお持ちしております。
​詳しくはお問合せ下さい。
お問合せ・ご予約はこちらからどうぞ。




Latvia wool 100%


ラトビア旅 友人ヨランタとともに②ヤニーナさんの庭


織物クラブを訪ねた後は、
所属している女性の一人
ヤニーナさんがお庭に
招待してくれました。


蜂の家、ビニールハウス、クランベリー、
葡萄、畑、、、、
どこまでも続く美しく豊かなお庭。


はちみつを瓶いっぱいに
詰めさせてもらったり。


ブランコで遊んだり。


ラズベリー食べ放題!



この時期は沢山の収穫物がありました。


気持ちの良い
夢のようなお庭でした。












HP更新しました


お知らせ、ワークショップなど
HPに載せました。
ご覧ください。




2017年10月25日水曜日

PoulpeSympa オープンアトリエ・automne


毎年楽しみにしている
PoulpeSympaプルプサンパさんの
オープンアトリエ・automneが
11月1日から始まります。

プルプサンパさんのセンスの光る
オープンアトリエ。
今年もクリスマスリースや
秋に似合う個性的な生花やドライ、
珍しい木の実、
植物の標本を展示販売されます。
クリスマス飾りのワークショップ
11/25,28,29,30

tapiiriでは
先日のラトビアで出会った
寒くなると恋しくなる
手織り、手編みの毛糸のもの。
一年中活躍する柳のかご。
きれいな色のリネンの手織りクロス。
ラオスのやさしいコットンタオル。
スウェーデンの古いクロスなどを
置かせていただきます。

こちらはラトビアの小さな村の




裂き編みのマットと
手織りのマルチカバー。
技術の高さもさることながら
色合いもかっこよく
部屋にあると
いっきに雰囲気が変わります。
プルプサンパさんの
オープンアトリエに並びます。
手に取って見てください。

PoulpeSympa
オープンアトリエ・automne
11月1日(水)‐18日(土)​​ 8,15お休み12pm-18pm
山梨県甲府市緑が丘1-16-4
055-287-7711







2017年10月20日金曜日

ラトビア旅 友人ヨランタとともに①織物クラブ再訪


4余年前にラトビアを訪れた時は
友人ヨランタの家に1週間
お世話になりました。
今回も3泊4日でお世話になり
色々なところへ連れて
行ってもらいました。

朝ごはん。
ハムの中にチーズが入っていものが
美味しかったです。



朝からヨランタのお母さんの
自家製ワインで乾杯。
チョコレートのような
濃厚で甘くて
のどから胃がぽっかぽかに。


子どもたちに言葉はいらないようです。



ヨランタが見つけてくれて
4年前に初めて訪れた
公民館の1室。
織物の高い技術と長い経験を持った
女性たちが集まって
昔の織り機で
織物をして伝統技術を
絶やさないように活動をしている場所です。

数年前から2階の広い部屋に移り
織り機も増えていました。



リーダーのリータさんが
あたたかく迎えて下さいました。



今年は4年に一度の歌と踊りの祭典。
舞台で民族衣装を着て

踊ったり歌ったりする為
この地方のスカートの柄の注文を
受けて今はその生地を織るのに
忙しいそうです。




今回はずっと望んでいた
皆さんの作品を
見せていただき
購入をさせていただきました。

 


リネンもウールもコットンも
どれもとても美しい手織り
手編みの作品。
実際に訪ねること2回目で
夢が叶いました。
実際に訪ねる大切さを実感しました。




2017年10月5日木曜日

ラトビア旅 Riga②


首都Rigaの街を歩く時間は
あまりませんでした。
行きたかったのは
中央市場。
どの国も市場は
楽しいところです。


お花屋さんの通り
目がチカチカする程鮮やか。



とにかく旬のベリーときのこが山積み


市場の食堂で食べたプレート
チキンにチーズ、野菜の酢漬け
生野菜、ライス
美味しかったです。



2017年9月30日土曜日

ラトビア旅 Riga①


成田空港から約10時間
フィンランドのヘルシンキ空港から
1時間少し
やっとついた首都Rigaの空港。
お世話になっている
かご工房のLolitaさんが
待っていてくれました。

ご自宅では、従妹の奥さんが
ラトビアの伝統的な料理から
自宅の庭、カントリーハウスの畑から
採れたての立ての野菜を使った
料理を用意してくれていました。



かご職人Peterさんが森で採ってきたきのこと
クリームで作ったソースも絶品。
どの料理もとても
美味しくいただきました。


庭のブドウやトマトを
お土産に持たせてくれました。


かごやかご作りの道具なども
見せていただきました。

あたたかくおいしい時間を
ありがとうございました。